リハビリのための筋力トレーニングとは?

筋力トレーニングの目的は、パフォーマンスアップ、ダイエット、リハビリ、健康維持等さまざまあります。

最近は、沢山の筋力トレーニングの情報が出ていますので、目的と内容が一致せず効果がでないトレーニングを続けている方も多いかもしれません。

せっかく時間をとって辛いトレーニングをするのだから、目的にあった効果が感じれるものを選んでトレーニングをしましょう!!

今回は、リハビリのための筋力トレーニングの概要に触れたいと思います。

疲れるほど強くたくさんの負荷を与えれば良いというわけではない。

リハビリは、標準よりも筋力が衰えてしまって日常生活動作に不具合がでている場合に実施するもの。

ポイントは、6個あります。

①負荷は、少し感じる程度から始める

②回数も疲労感が少し感じる程度を基準に始める

③できる限り毎日おこなう

④弱くなってしまった筋肉を触りながら行う(目的に筋肉に負荷がかかっている確認する事が大切)

⑤息を吸っている時に負荷をかけ、息を吐く時に負荷をゆるめる

⑥負荷をかける際やもどす際は、5~10秒程度かけてゆっくりおこなう

実際のトレーニング方法は、無数にあります。

上記のポイントを踏まえて、どこに筋肉をどのような状態にしたいかで変わりますので、自分でいろいろ試してみましょう!

★当院は、筋力トレーニングが必要な方への筋力トレーニングの方法もアドバイスさせていただいております。

往診でのリハビリトレーニングも行っております。是非お気軽にご相談ください(^^)

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ 0120-973-880