坐骨神経痛 ヘルニア リウマチ

「座っていても歩いていても右臀部から下肢にかけての痛みが出現」

平成29年6月10日

40代女性、事務職、札幌市在中、Yさん

症状:リウマチによる指の痛み、ヘルニアにより座位や歩行時に右大腿部の放散痛が出現していました。
週一回の来院で現在は、寝返り時の右大腿部の違和感が残存しています。
症状がきつい時は、どの姿勢をとっても痛みがでていました。

施術:当初鍼治療とバランス治療を実施、一進一退を繰りかえり症状が悪くなってきました。
その後治療方法を変更、バランス療法の中でも特殊な方法(SOT)を実施し少し変化がでてきているが以前痛みがとれず。
さらに仙腸関節にMCR電気療法を実施を追加してSOTを実施しました。
この頃から変化がでてきました。施術を繰りかえるにつれ症状がよくなり現在にいたります。
体のバランスが整ったことで、奇跡的にリウマチの血液数値もさがり、ご本人もとても喜んでいます。

考察:仕事で電話受付を長くやっていたことで体のバランスが崩れていき、自律神経の乱れによるリウマチ症状の発症と重症度が高い坐骨神経痛につながったと考えます。
体が本来持つ体の機能やシステムが円滑に行われないと、体は不具合を生じます。
体のバランスは、いろいろな意味で大切だと改めて痛感しました。

骨格・筋膜調整で根本改善をめざす

鍼灸整骨カラダステーション

ホームページ:karara-station.com

お問合せ:0120-973-880