新学期に新入部員がハードなトレーニングを集中的に行う時や新しい環境でスポーツを始めた際、起こりやすい障害の一つにシンスプリントというものがあります。

シンスプリントは、ランナーやバスケットボールなど長距離、長時間走る競技に起こりやすく、足首を動かす筋肉の効果により、筋肉の付着部である骨の膜が過度に引っ張られる事で起こる炎症により痛みがでます。

◎症状

初期は、運動開始時に現れ、運動中に痛みがやわらぎ、運動が終わるとまた痛みがでる事が多いです。ひどくなると運動中に痛みが持続的にでるようになり、最終的には、日常生活でも痛みがでるようになります。また、さらに我慢して運動を続けると、疲労骨折をおこすこともあるので注意が必要です。

◎治療について

まず、炎症をおこしてしまっている痛みの原因治療をおこないます。

①症状によりマイクロカレント(微弱電流)、超音波で幹部の治療をおこなる

②筋膜のくせ、筋肉の緊張を取り除くため、鍼治療をおこないます

③筋肉の過剰緊張を引き起こす原因である骨盤と背骨のバランス調整を行います

④痛みがある程度ひくまでは、テーピングをおこないます

シンスプリントは、なかなか治りにくいと言われていますが、適切な施術と普段の注意事項をまもれば、しっかり完治します。

★シンスプリントは、早期治療が望ましいです。

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ 0120-973-880