肩の動きが悪い

「2ヶ月前から水泳のバタフライで左肩の上がりが悪くバランスの悪い泳ぎになってしまう」

平成29年8月5日

小学2年生、水泳教室、静岡県在住、Kさん

症状:きっかけがなく2ヶ月ほど前ぐらいから左肩の上がり方が悪くなりバタフライなどの水泳での泳ぎのバランスが悪くなった。
痛みは、とくになない。

施術:コンディション30分コースで調整。座位及び立位で左肩が下がり脊柱が後天的に側弯の状態になっている状態でした。
脊柱起立筋、臀部、腸腰筋の左右差がでていたので、骨盤、脊柱のバランスを整えました。
仰向けで両手を上に上げる検査では、左腕が右腕に比べ手のひら1個分短い状態でした。
腸腰筋のバランスを整える事で腕の上がり方の左右差がほぼそろいました。

経過:施術終了後から本人の自覚では肩が軽くなったとの事。1週間後から水泳の練習を開始するように指導しました。
お母さんから電話での報告があり、バタフライのフォームのバランスが良くなったとコーチに褒められ喜んでいたとの事でした。

考察:練習も大切ですが、どんなスポーツでも練習で残る筋肉やカラダの疲労は蓄積します。
結果を出すためには、コンディショニングをいかに整えるかが重要だと考えます。
当院は、今後も予防を含めてコンディショニングメニューについても強化していきます。

骨格・筋膜調整で根本改善をめざす

鍼灸整骨カラダステーション

ホームページ:karada-station.com

お問合せ:0120-973-880