スポーツをしていて足首を捻った。また、捻挫をしていた足が慢性的に歩くといなくなった。そんな痛みでお困りの方は、いらっしゃいませんか?

●足首の捻挫:多くはスポーツや日常外出時などで歩行やランニングバランスを崩し、足首を内側に捻って痛める事が多い

●歩行時の足首の痛み:以前捻挫の既往歴がある場合、靭帯や関節の硬化が原因で起こる関節の痛み。歩行バランスや骨盤のゆがみから来る歩行時の足首の痛み

●当院の施術について

①捻挫:靭帯の損傷具合により1~3度のステージに分類され、ケガの大きさと治る期間に差がでます。安易に考えると、捻挫癖や痛みが長引きます。

1:急性期(ケガをしてから3日間程度)は、アイシング(氷で冷やす)と超音波やテーピング、包帯固定などで損傷が大きくならないように回復をはかります

2:1週間程度回復をみながら、怖さがなければ鍼治療や置鍼治療をおこないます

3:経過をみて回復ぐあいをみながらストレッチや関連する筋肉をほぐします

4:痛みでかばたって出たカラダのゆがみの調整をおこないます

②捻挫後遺症、慢性痛(歩行時)

1:患部の超音波治療及び関連筋肉の超音波治療をおこない、硬化した組織の回復をはかります

2:捻挫で出てしまったカラダのバランス崩れを調整し、歩行バランスを改善します

★その他、足首の痛みでお困りの方は、是非お気軽にご相談ください!!

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ フリーダイヤル 0120-973-880

 メール karadastation@gmail.com