身体のゆがみをみる。「ゆがみ」は、最近特によく聞くキーワードになっています。

ゆがみは、あくまで指針であり無理に矯正をしたり、急激な変化を求めると逆にカラダの動きが硬くなる事もあります。

ゆがみをみるときには、身体のどの部分をみるかの指標があります。

以下参考になる指標をピックアップしてみました。

◎指標について

基本的には、各部位の左右の位置と動きの違いをみていきます。

①頭部

②肩甲骨

③背中

④骨盤

⑤股関節

⑥かかと

基本的な部分を取り上げましたが、立っている状態と座っている状態でみたり、細かい部分でもまだ指標はたくさんあります。

★当院では、体のゆがみから痛みの出ている原因を根本的に見直していくことを目指します。

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ 0120-973-880