治療院では、指で身体を触って筋肉や骨格の状態を確認します。

治療経験が豊かになればなるほど、触って確認する作(触診)業が正確になります。

例えば、筋肉の状態をみるとき触った感触でビーフジャーキーの様な硬さ、魚肉ソーセイジの様な硬さ、サラミの様な硬さなど、筋肉の状態がどのような感じになるのかを確認します。

関節で言うと、間接の動きが良いか悪いか、どちらの方向に動きは良いか悪いかを確認します。

身体のゆがみは、このような動きの悪さ、筋肉の硬さをどのポイントを狙って施術をするかを検討し、必要最小限の刺激で最大限の効果を発揮できるように考えていきます。

普段サロンパスなどでセルフケアする方は、特にこのような筋肉の硬い場所、動きの悪い場所を狙っていくといいですよ(^^)

 

★身体の不調や不具合は、是非お気軽にご相談ください(^^)

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ 0120-973-880