病院でのリハビリやスポーツ前後の体のケアには、良くストレッチの話が出てきます。

効果的なストレッチやどのような目的で行うかによっても内容が変わってきます。

また、ストレッチでもスタティックストレッチ、ダイナミックストレッチ、PNFストレッチなどが代表的なものになります。

今回は、スタティックストレッチについてのお話をします。

スタティックストレッチは、一般的な伸ばして気持ちいいストレッチです。

①目的

・筋肉や腱のセンサー(固有受容器)を刺激して過度な筋肉の興奮を抑える事

・筋肉の繊維の方向付けをする事(伸びたい方向に伸ばしやすくする)

などが上げられます。

②どんな時にするの?

・いつ行っても良い

・スポーツをする前であれば、2時間以上前に行わないと運動のパファーマンスが落ちるので注意

・スポーツ後は、なるべく早く行う(スポーツ後の筋肉は、運動が終わってからも筋肉の興奮が2時間つづきます。ストレッチでなるべく早く興奮を抑え筋肉を休ませましょう)

③伸ばす部位

・やり方や伸ばし方は、伸ばす部位によってさまざまです。自分でいろいろ試してみましょう。

当院では、施術にストレッチを行う事もありあます。

リハビリやスポーツ後のカラダのケアも行っております。

★自分では、なかなかどんなストレッチを行っていいかわからない方、是非お気軽にご相談ください(^^)

鍼灸整骨カラダステーション

お問合せ 0120-973-880